住宅ローン残債が残る場合の住宅売却について


2013年07月01日

ホーム住宅ローンと担保>住宅ローン残債が残る場合の住宅売却について

質問
住宅についている抵当権を抹消するには住宅ローンを完済しないと無理なことはわかっています。
住宅を売りに出して、もし住宅ローンがいくらか残ったらその残った分を返済すれば大丈夫なのでしょうか?
先に住宅ローンを完済して抵当権を抹消しないと住宅を売りに出すことは出来ないのでしょうか?

回答
先に住宅ローンを完済して抵当権を抹消しないと住宅を売りに出せないということはありません。
一方で抵当権がついたままの住宅を購入する人はまずいませんから、少なくとも売却と同時に抵当権を抹消する必要があります。
例えば住宅ローンが3,000万円残っているとします。
この状態で住宅を売りに出したところ、2,800万円で売れることになりました。
したがって住宅ローンを完済するにはあと200万円必要です。
この200万円が用意出来るのであれば、買主への売却の話をすすめます。
同時に銀行には住宅を売りに出していることと残りの200万円は用意するので、抵当権を抹消する準備をするように依頼しておきます。

そして①住宅の売却②住宅ローンの完済③抵当権の抹消④買主への所有権移転を同時に行うのです。
貴殿、買主、銀行、不動産会社(仲介会社)が一堂に集まり、上記4つの項目を同時に行うのです。
決して珍しい事例ではなく、銀行実務においてもよく目にする事例です。






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%