残された遺族が連帯保証を継続する義務は発生するのでしょうか?


2013年07月07日

ホーム住宅ローンと連帯保証人>残された遺族が連帯保証を継続する義務は発生するのでしょうか?

質問
父が亡くなりましたが、親族とはまったく無関係な人の住宅ローンの連帯保証人になっていたようです。
父は遺言書を残していますが、その遺産相続の中には住宅ローンの連帯保証のことについてはまったく触れられていません。
残された遺族が連帯保証を継続する義務は発生するのでしょうか?

回答
相続は資産とともに負債も相続するのが基本です。
ですから連帯保証も相続の対象となります。
住宅ローンの債務者が返済不能となった場合、銀行は連帯保証人に返済を求めることになります。
そして連帯保証人がすでに死亡していることが判明した場合には、戸籍謄本等の調査を通じて相続人に返済を求めます。
連帯保証を相続するのは回避するには負債とともに資産も相続しない「相続放棄」の選択肢があります。






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%