死亡した父が連帯保証人の際の問題



ホーム保証人に関すること>死亡した父が連帯保証人の際の問題

質問
死亡した父が叔父の連帯保証人になっておりました。
支払い催促状が父に届きましたが、叔父は健在で、家族もおり定職に就いております。
叔父が支払いを怠っているようですが、それはこの先相続人である私が支払わなければならないものなのでしょうか?
ちなみに、催促状を送ってきた先は、父の死亡もしらず勿論わたしの存在も知りません。わたしもそちらに連絡を入れておらず、叔父に催促しておりますが、そのうち父の住居不定で催促状が戻るでしょう。
そうなったら、金融機関は父の個人情報を調べ、わたしの住所もしられてしまうのでしょうか?
嫁いでいる身で、それが心配でなりません。

回答
連帯保証人が亡くなった場合、銀行は相続人は誰かを含めて調査をします。
連帯保証人宛に督促状が届いているという状態であれば、必ず銀行は相続人の存在やその所在を調査します。

連帯保証人に督促状が送付されるということは、銀行融資の回収がかなり危険な状態だと言えます。
そのような状態にもかかわらず、連帯保証人やその相続人の所在が不明という事態は、銀行の仕事として許されることではないのです。


◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。