住宅ローンの借入期間は出来るだけ長めの設定を

更新日:

住宅ローンの期間は出来るだけ長めに設定を

住宅ローンはとにかく個人にとっては多額の借金ですから、一日でも早くこの借金から解放されようとの思いから、住宅ローンの借入期間を短めに設定されるお客さんがいらっしゃいます。
また十分に返せるからとこれも短めに住宅ローンの借入期間を設定されるお客さんもいらっしゃいます。
しかし住宅ローンは可能な限り長めの借入期間を設定されることをおすすめします。
理由は2つです。

将来の変動に備えるため

まず1つめは将来は誰にも予測できないからです。
住宅ローンの借入期間を短くすれば、確かに銀行に支払う利息は少なくて済みますから、トータルで支払う返済額を抑えることが出来ます。
しかし住宅ローンの借入期間を短くすればするほど毎月の返済額は多くなります。
現在の状況では十分に返済出来るかもしれません。
ただ住宅ローンは1年や2年で完済出来るものではありません。
10年や20年、30年とこの先長い期間の返済が伴うものです。
10年後、20年後のことは誰しもが予測することは出来ません。
将来の変動に備えて住宅ローンの返済額はある程度余裕を持たせることが大切です。
住宅ローンの借入期間を長くすればするほど毎月の返済額は少なくなります。
返済途中である程度の余裕が出来れば、その時点で住宅ローンの内入返済を行えば良いのです。
内入返済をこまめに行うことで、トータルの住宅ローン支払額を減らすことが出来ます。

将来の有利な借換えのため

2つめの理由は将来の借換えに備える点です。
住宅ローンの借換えにおいては1つの原則があります。
それは借換え後の住宅ローンの借入期間は借換え前の住宅ローンの残存期間の期間内ということです。(もっとも残存期間の期間を超えて借換えが可能な住宅ローンもあります)
有利な借換えをしたいと思っても、現在の住宅ローンの残存期間の制限に引っかかり、思い通りの借換えが出来ないケースもあります。
将来の有利な借換えが出来る選択肢を幅広く持つ点からも住宅ローンの借入期間を長くされることをおすすめします。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-住宅ローンの借入期間
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.