担保掛目とは

ホーム住宅ローンと担保>担保掛目とは

担保掛目とは

住宅ローンの利用においては購入する自宅を銀行に担保として差し入れることになりますが、銀行は一定の基準で担保として提供を受ける自宅の価値をはじいています。
住宅ローンの担保として購入する自宅をいくらで見るか、これが担保掛目です。

担保掛目の具体例





例えば担保掛目を80%とすると、購入する物件価格が4,000万円の場合、担保としての価値は4,000万円×80%=3,200万円ということになります。
住宅ローンは担保価格が上限となりますから、この場合ですと3,200万円が住宅ローンの借入限度額となります。

担保掛目は一般的に80%

多くの銀行では一般的に担保掛目は80%としています。
しかし中には担保掛目が100%の場合もあります。
例えば大手の住宅販売会社が取り扱っている物件については担保掛目を100%とする場合があります。

なお住宅ローンの借換えの場合には担保掛目を一律100%としたり、中には200%、300%といった銀行もあります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達