担保掛目とは

更新日:

ホーム住宅ローンと担保>担保掛目とは

担保掛目とは

住宅ローンの利用においては購入する自宅を銀行に担保として差し入れることになりますが、銀行は一定の基準で担保として提供を受ける自宅の価値をはじいています。
住宅ローンの担保として購入する自宅をいくらで見るか、これが担保掛目です。

担保掛目の具体例

例えば担保掛目を80%とすると、購入する物件価格が4,000万円の場合、担保としての価値は4,000万円×80%=3,200万円ということになります。
住宅ローンは担保価格が上限となりますから、この場合ですと3,200万円が住宅ローンの借入限度額となります。

担保掛目は一般的に80%

多くの銀行では一般的に担保掛目は80%としています。
しかし中には担保掛目が100%の場合もあります。
例えば大手の住宅販売会社が取り扱っている物件については担保掛目を100%とする場合があります。

なお住宅ローンの借換えの場合には担保掛目を一律100%としたり、中には200%、300%といった銀行もあります。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-住宅ローンと担保
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.