据え置き期間の延長を申し入れようと考えています


2013年07月28日

ホーム返済条件変更(リスケ)>据え置き期間の延長を申し入れようと考えています

質問
4年前独立し個人で小売業を始めました。
数字も順調に推移して昨年2店舗をオープンさせましたが、2店舗目の出店に際して、銀行のプロパー融資で1500万、保証協会の保証付きで2000万合計3500万の融資をうけました。
内500万は運転資金として手を付けずにキープしてきましたが三月までに運転資金が200万程減り300万位になりそうです。
プラス元金返済が始まり運転資金がショートしないかと危惧しております。
1年据え置きの元金返済が3月より始まりますがいまのうちに据え置き期間の延長を申し入れようと考えていますが可能でしょうか?
昨年の売上実績が2店舗で約1億1千万で今年の計画としては1億2400万を見込んでいます。
1店舗目の借り入れ金と合わせると約4500万程残っています。

回答
据置期間の延長のお申し出は、正直なところあまりおすすめしませんが、資金繰り上必要であればやむを得ないと思います。
金融機関は融資先の資金繰りに十分に配慮して、必要であれば借入返済の見直し、つまりリスケに柔軟に対応するように当局からの指導もありますので、事業の継続上必要と認められればリスケは受け入れられると思います。

もっとも当社の返済方法(1年の元金返済据置後返済開始)が履行されなくなりますので、金融機関としては内心のところは、「話が違う」という認識を持ちます。
またそもそもリスケというのは資金繰りが苦しい、つまり返済能力が乏しいということを意味しますから、一度リスケをした場合、その後の返済が当初通りに戻り足元の業績も順調ということが確認できない限り、新規の融資は事実上受けることが出来ないというペナルティがあります。
これからの店舗展開は私にはわかりませんが、仮に3店舗を出すにしてもその出店資金を金融機関から調達することは不可能と考えた方がよろしいかと思います。
このような点も踏まえて慎重に検討してください。






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%