頭金は多ければ多いほど良いとは必ずしも言えない


ホーム住宅ローンと頭金(自己資金)>頭金は多ければ多いほど良いとは必ずしも言えない

一般的に頭金は物件価格の2割と言われているが

住宅ローンを検討される多くの方は頭金を用意されています。
一般的に頭金は物件価格の2割程度を言われていますが、その根拠は多くの銀行の住宅ローンは物件価格の8割を住宅ローンの限度額にしているからです。

頭金ゼロでも利用出来る住宅ローンは増えています

ただ頭金なしでも住宅ローンが利用出来るケースが多くなっています。
しかしこの場合は物件価格の全額を住宅ローンで借入することになります。
住宅ローンという借金が多ければ多いほどその後の返済負担は重くなります。
その重い返済をするために、生活を切り詰めたりあるいは返済のための新たな借金をしなければならないこともありえます。
やはり一定の頭金を用意することがその後の生活の安定を維持するためには必要なことです。

頭金は多ければ多いほど良いとは必ずしも言えない

一方で多額の預貯金をすべて頭金として利用することも考え物です。
多額の頭金を用意すれば住宅ローンの借入額はその分少なくなり、住宅ローンの返済負担は相対的に軽いものになります。

しかし人生は何が起こるかわかりません。
住宅ローン利用直後に思わぬ出費が起こらないとも限りません。
また2、3年後にはお子さんの教育費が膨らみ、教育ローンを利用しなければならない事態も考えられます。
これではせっかく住宅ローンの返済負担が軽いにも関わらず、教育ローンを含めたトータルの返済負担がかえって重くなる場合もありえます。

いくらを頭金に回すか。
5年間くらいのライフスタイルのイベントをよく考えて頭金額を決めることをおすすめします。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト