ローン融資後の書類提出について


2013年08月06日

ホーム住宅ローンその他>ローン融資後の書類提出について

質問
10年前に住宅ローンの融資受け、期間10年で借受け、この3月で完済となる予定です。
数年前より、確定申告書の写しが欲しい旨の話がありましたが、写しは未提出で今日まで来ています。
この話は融資当初にはなかった話しでした。
また返済も滞りなく続けてことでもあり、確かな根拠が見えないため写しは未提出となっています。
そこで、融資中における確定申告書の提出義務があるとするならば、義務は履行しなければならないと考えておりますが、その根拠があるならばお教えねがいます。

回答
継続的な確定申告書の提出の厳格な義務はありません。
会社取引のように一度融資を受けた後も、繰り返し銀行から融資を受けるような状態が想定される場合には、毎年継続的に確定申告書(決算書)を提出して、銀行取引関係の維持が図られるのが通常です。
一方で個人で住宅ローンのみを利用されている例で考えた場合、通常はその銀行とは住宅ローンの利用だけの取引であって、その後も追加でローンを受けるようなケースはまれです。
したがって継続的な確定申告書の提出の必要はありませんし、また銀行側もいちいち個人の方に確定申告書の提出を毎年お願いするようなことは少ないはずです。






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%