資金繰りが苦しい場合には取引銀行のシェアに応じた融資をお願いする


2013年09月22日

ホーム銀行融資の受け方>資金繰りが苦しい場合には取引銀行のシェアに応じた融資をお願いする

業績が好調で財務内容にも問題がない先には、銀行はどんどん融資を増やそうと積極的な営業を行います。
一方で業績が芳しくなく財務内容にも問題がある先は、借入金も多くその返済負担に苦しんでいることが少なくありません。
当然資金繰りが厳しいケースが多く、取引銀行から融資を定期的に受ける必要が出てきます。

上記のような資金繰りが厳しい先には、どんどん積極的に融資を増やすことは出来ません。
また資金繰りを1つの取引銀行だけで支えることは難しくなります。
複数の取引銀行が融資に応じて資金繰りが維持されるケースが多いのです。
したがって融資を検討する際には、他の取引銀行がすでに融資に応じているのか、あるいはいつごろ融資を予定しているのか、他の取引銀行の融資姿勢を見極めることが審査では必要となってきます。

資金繰りが厳しい状況にある場合には、取引銀行にそれぞれ融資のシェアに応じた借入を依頼し、その見通しをそれぞれの銀行に伝えることで融資が受けられる可能性が高まります。






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%