資金繰りが苦しい場合には取引銀行のシェアに応じた融資をお願いする

投稿日:

ホーム銀行融資の受け方>資金繰りが苦しい場合には取引銀行のシェアに応じた融資をお願いする

業績が好調で財務内容にも問題がない先には、銀行はどんどん融資を増やそうと積極的な営業を行います。
一方で業績が芳しくなく財務内容にも問題がある先は、借入金も多くその返済負担に苦しんでいることが少なくありません。
当然資金繰りが厳しいケースが多く、取引銀行から融資を定期的に受ける必要が出てきます。

上記のような資金繰りが厳しい先には、どんどん積極的に融資を増やすことは出来ません。
また資金繰りを1つの取引銀行だけで支えることは難しくなります。
複数の取引銀行が融資に応じて資金繰りが維持されるケースが多いのです。
したがって融資を検討する際には、他の取引銀行がすでに融資に応じているのか、あるいはいつごろ融資を予定しているのか、他の取引銀行の融資姿勢を見極めることが審査では必要となってきます。

資金繰りが厳しい状況にある場合には、取引銀行にそれぞれ融資のシェアに応じた借入を依頼し、その見通しをそれぞれの銀行に伝えることで融資が受けられる可能性が高まります。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-銀行融資の受け方

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.