住宅ローンの審査が通らないパターン 消費者金融

ホーム住宅ローンの審査が通らない>住宅ローンの審査が通らないパターン 消費者金融

住宅ローンの審査が通らないケースとして消費者金融の利用が原因となることが多いです。
住宅ローンの申込み時点で消費者金融の利用が1社でもある場合、まず住宅ローンの審査は通らないと考えていただいたほうがよいと思います。

以前に比べれば消費者金融の審査は多少慎重に行われているとはいえ、住宅ローンをはじめ銀行の融資審査に比べればはるかに「借りやすい」とは今でもそうです。

決して消費者金融が悪ということではないのですが、銀行の住宅ローン審査において何よりも重視されるのは、長期間にわたる返済能力です。
消費者金融の利用があるということは何だかの理由でご本人あるいは家計の収支がマイナスの可能性が高いことを示しています。

家計の収支がマイナスの状態は住宅ローンの返済能力がゼロかあっても乏しいことを物語っています。
ましてや住宅ローンは期間が20年とか30年とか超長期の融資です。
少なくとも住宅ローンの審査時点においては返済能力が高く、今後も大丈夫だろうと判断できることが必要です。

この点、消費者金融の利用があるということは現時点の返済能力が乏しいばかりでなく、将来的にも返済能力が乏しいことを示しています。
これは消費者金融を利用している人は、一旦返済しても再び利用することが多いことや、1社のみならず数社の消費者金融を利用し、ますます返済能力が危なくなっていくことが多いからです。

住宅ローンを審査する側からワンポイントアドバイス





消費者金融の利用がある場合は、住宅ローンの申込み前に可能であれば完済してください。
なお完済するだけではだめです。
必ず解約も行ってください。

完済しただけではいつでも消費者金融が利用できる状態ですから、銀行の住宅ローン審査においてはプラスにはなりません。
必ず解約してください。

また消費者金融の完済が難しい場合は完済できるまで住宅ローンの利用を先延ばししたほうがよいです。
ただどうしても住宅ローンの申込みをされたい場合は、確実とは決して言えないですが、次の方法を取ってください。

まずは銀行の消費性ローンやカードローンに乗り換えてください。
そして消費者金融は当然ながら完済して解約をするのです。
あるいはクレジットカードをお持ちでそのクレジットカードについているローンを使って消費者金融を完済・解約してください。
クレジットカードにはローン機能のほかにキャッシング機能がついていますが、キャッシングではなくローンを利用してください。

上記の方法をとっても必ずしも銀行の住宅ローン審査が通るとは言えません。
厳しいことに変わりはありません。
ただ消費者金融を利用している状態よりは住宅ローンの審査が通る確率は高くなるはずです。

※住宅購入にも使える不動産担保ローン






◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%