住宅ローン返済中の離職で一括返済を求められてしまいますか?


2013年10月08日

ホーム住宅ローンその他>住宅ローン返済中の離職で一括返済を求められてしまいますか?

Bath House on Ilkley Moor質問
52歳独身女性です。
35年ローンを組み現在返済中ですが、今度親の介護の為に仕事を辞めて他県の実家に戻ることになりました。
現在住んでいるマンションは、将来的に自分の老後を過ごすために戻って来る予定なので、売却はせず空き家にして返済だけを続けていく予定です。
と言っても、仕事を辞めなければならないので実質無職となり、返済は親からの贈与で月々返済していきます。
この場合、住宅ローンの存続は可能でしょうか?
それとも一括返済を求められてしまいますか?

回答
まず一括返済を求められることはありません。
住宅ローンの原則論(ご自身が居住するための不動産の取得資金)から言えば、ご実家に居住を移すということであれば、当初のマンション購入資金は住宅ローンから別のローンに乗り換える必要があります。
住宅ローンを利用している金融機関に上記の旨を申告されれば、おそらく別のローンへの切り替えを求められるものと考えます。
ただ実際にはそのようなことを申告される方は少なく、住宅ローンのまま返済を続けている方が大勢です。

また住宅ローンの審査時には収入状況を示す源泉徴収票等のエビデンスの提出が必要ですが、その後は延滞等異常なことが発生しない限り、銀行から収入を証明する資料の提出要請はありません。
現実的に、銀行は膨大な数の住宅ローンを取り扱っています。
住宅ローン利用者一人一人にその後の収入状況の確認などをする物理的余裕はありません。
銀行員の私がこのようなことをお伝えするのは不謹慎かもしれませんが、金融機関から指摘されるまでは(延滞等発生しない限り指摘されることはまずありませんが)そのままにしておいて良いと考えます。






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%