住宅ローンの審査では同居家族も審査されるのでしょうか

更新日:

住宅ローンを申し込んだ場合、申し込んだ本人が審査の対象になることは当然ですが、同居家族も審査の対象になるのかといった問い合わせが多いので回答します。
住宅ローンの申込書には家族構成などを記入する欄もありますので、気になる方が多いのではと勝手に想像しています。

同居家族は審査の対象外

住宅ローンにおいて審査の対象となるのは住宅ローンを申し込んだ本人と連帯保証人や担保提供者(=物上保証人)に限られるとお考え下さい。
そして住宅ローンの利用でもっとも多いパターン、
・申込人の収入のみで住宅ローンを申し込む
・住宅ローンの保証会社の保証をつける
・購入する不動産(土地と建物)の名義は住宅ローン申込み人の単独名義
の場合は、連帯保証人や第三者の担保提供者は発生しませんから、結果として住宅ローンの審査対象となるのは申込む本人のみということになり、同居家族は審査の対象とはなりません。

住宅ローンの申込書に家族構成などを記入する欄があるのは、あくまでも参考情報として銀行が利用するだけで、同居家族を審査対象に加えるためではありません。
ちなみに住宅ローン申込人本人のみの収入だけでは希望する金額に届かないため、共働きの配偶者を収入合算者として申し込む場合には、配偶者が連帯保証人となりますので、配偶者も住宅ローンの審査対象となります。

また例えば親の土地に住宅を建てる場合、住宅ローンの担保は建物だけではなく、土地も担保取得の対象となりますから、担保提供者、つまり親も審査の対象となります。
同居家族が連帯保証人や担保提供者にならない限りは、同居家族が住宅ローン審査の対象になることはありません。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-住宅ローンの審査と家族
-, ,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.