住宅ローン審査通過可能性について(アコム使用履歴とクレジット引き落とし失念)


2013年10月21日

ホーム住宅ローンと消費者金融>住宅ローン審査通過可能性について(アコム使用履歴とクレジット引き落とし失念)

質問
当方22歳育児休職中の会社員です。
現在主人と収入合算での住宅ローン借入を検討しているのですが、私自身不安な点がいくつかあり、質問させて下さい。
①2年前に名義貸しのような形でアコムのキャッシングカードを作成してしまいました。
延滞等はないのですが、昨年12月に一度使用履歴があり、昨日解約依頼しました。
②JCBカードを所有しているのですが、今年4月分の10日に引き落としされるのを失念し、2回目の26日の引き落としで支払いをしてしまいました。
この2点が懸念材料で、不安で仕方が在りません。
私がだらしないため引き起こしたことは十二分に承知しておることなのですが、住宅ローン審査を通過する可能性はあるのでしょうか。

回答
住宅ローンの審査基準は金融機関によって緩急があります。
アコムとはいわゆる消費者金融です。
たとえ解約していても過去に消費者金融の利用履歴があるだけで、住宅ローンを断るところもあります。
逆に過去に利用履歴があったとしても、すでに解約したものであれば問題視しないところもあります。
このあたりは金融機関によって取り扱いが異なるところですので、何とも言えませんが使用履歴が1度だけで既に解約されているのであれば、受け入れ可能な金融機関は多いはずです。

またクレジットカードの引き落とし遅延の件ですが、これは頻度によります。
住宅ローンの審査においては貴殿の個人信用情報が調査されますが、この個人信用情報には過去2年間のクレジットカードの引き落とし状況が記載されることになっています。
今回だけ引き落としが遅れてしまったのであれば、単なる「入金忘れ」と考えられると思います。
逆に引き落としの遅延が今回だけではなく、3か月前もあった、1年前にもあったということになりますと、「お金にだらしない人」との印象を持たれてしまいます。

いずれにしても住宅ローンの審査基準は金融機関毎に異なりますから、ある金融機関で住宅ローンが通らなかったとしても、他に問題がなければ必ず住宅ローンが通る金融機関はあるはずです。






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%