住宅ローン本審査前に新たなカードを作ったのですが


ホーム住宅ローンの事前審査と本審査>住宅ローン本審査前に新たなカードを作ったのですが

新たなカードを作成すると影響してくる住宅ローンの審査項目

住宅ローンの審査においては必ず申込人や連帯保証人の個人信用情報を調査します。
個人信用情報の調査は通常事前審査時と本審査時の2回実施されます。
住宅ローンの本審査前に新たなカードを作ることはこの個人信用情報に影響してくることになります。

個人信用情報でわかること

個人信用情報を調査するとその人がどれだけ借入があるかとか、延滞をしていないか、過去金融事故を起こしていないか、クレジットカードの利用状況はどうかなどがわかります。
住宅ローンを申し込んだけれど金額が減額されたりする場合はこの個人信用情報の調査結果が影響しています。

新たなカード作成の影響

さて住宅ローンの本審査前に新たなカードを作った場合、住宅ローンを申し込んでいる銀行がどのタイミングで個人信用情報を調査するかにも因りますが、まず新たなカードを作ったことは知られると考えたほうがよいと思います。
そして新たなカードを作っても特段問題にならない場合が多いと考えますが、その新たに作ったカードにてキャッシングを利用したり、高額のショッピングをしている場合には、住宅ローンの金額が減額されたり最悪本審査が否決となることもあります。

カード作成は住宅ローン実行後が安全

どうしても新たなカードが必要な場合はやむを得ないにしても、そうでなければ住宅ローンの本審査が通り、住宅ローンが実行されてから新たなカードを作ったほうが明らかに安全です。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト