信用保証協会の連帯保証人変更がされずに困っています

ホーム信用保証協会と連帯保証人>信用保証協会の連帯保証人変更がされずに困っています

原則として信用保証協会の連帯保証人は変更が認められていません。
例外として以下の条件をすべて満たす場合に連帯保証人の変更が認められる場合があります。
ここでは債務者は中小企業で、前代表取締役と現代表取締役がともに連帯保証人になっている状態で、前代表取締役が連帯保証人から脱退するケースにてご案内します。
1.前代表取締役が企業から完全に退職し(顧問等にもなっておらず、給与も一切受け取っていない)、かつ株主でもない
2.仮に前代表取締役が別の会社に移った、あるいは起業した場合においてその企業と債務者の企業とが取引関係にないこと
3.債務者の業況に問題がないこと

この3つの条件がすべて揃っている状態にはじめて連帯保証人の変更(脱退)が検討されます。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。