住宅ローン審査NGの事実は他の銀行にわかってしまいますか?

投稿日:

ホーム住宅ローンの複数申込み>住宅ローン審査NGの事実は他の銀行にわかってしまいますか?

質問
5月中旬に地方銀行に借り換えの事前審査をお願いしましたがNGでした。
理由はクレジットの引き落としが遅れたことが原因とのことでしたが、引き落とし口座が当行だったので発覚したのではないかと言われました。
担当営業マンは信用金庫だったら通るのではないか、日が浅いので信金には当行に現在審査中であると話をしてみてはと助言していただき信金に事前審査の申し込みをしました。
昨日信金から「明日ご自宅の調査で○○というものが行きます」(怪しいと思われないようにわざわざ連絡をしてくれました。)
その時、地方銀行のことを聞かれたので、現在保留にしてもらっていますと嘘をついてしまいました。
このことはいずれバレるのでしょうか?

回答
ローンの申し込みを行うと、個人信用情報機関に申し込みの事実が6か月間登録されることになっています。
しかし審査の結果までは登録されることはありません。
したがって地方銀行に住宅ローンの借換えの申込みを行ったものの、審査が通らなかったことは他の金融機関にはわかりません。

なおクレジットの引き落としの件ですが、これは個人信用情報の調査にて判明したことだと思います。
引き落とし口座が地方銀行とのことですが、住宅ローンの審査時に口座の動きを見て引き落としの遅延がないかどうかをチェックするようなことはありません。
またそのような手間暇をかける余裕はありません。
したがってクレジットの引き落とし遅延はあくまでも個人信用情報の登録情報から地方銀行が把握したものと思います。
個人信用情報は信金でも同様のものを参照します。
従いまして信金でもクレジットの引き落とし遅延は認識されるものと考えてください。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-住宅ローンの複数申込み

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.