信用保証協会代位弁済後の弁済について


2013年11月23日

ホーム信用保証協会保証付融資の代位弁済
信用保証協会代位弁済後の弁済について

質問
私はA社の代表取締役です。
C銀行から信用保証協会の保証付で私とB氏の連帯保証で融資を受けました。
しかし私が自己破産をしたため、C銀行に代位弁済した信用保証協会が連帯保証人のB氏に対し債権回収目的の面談の葉書が郵送されました。
信用保証協会はA社も同時に自己破産申請していると思っているらしく、信用保証協会からA社に対し支払に関する催促はきていません。
私個人は自己破産しましたが、A社は現在代表取締役を変更して会社として存続している状態です。
来月に私がA社の代表取締役に就任(復帰)する予定なのですが、連帯保証人のB氏が支払うのではなく、当初借入したA社が信用保証協会に弁済するような交渉が出来ればと考えています。

回答
A社が信用保証協会に弁済する交渉をすることはまったく問題ありません。
そもそも債務者はA社であることに変わりはありませんから、その債務者自身のA社が弁済することは本来当然のことでもあります。






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%