信用保証協会代位弁済後の弁済について

投稿日:

ホーム信用保証協会保証付融資の代位弁済
信用保証協会代位弁済後の弁済について

質問
私はA社の代表取締役です。
C銀行から信用保証協会の保証付で私とB氏の連帯保証で融資を受けました。
しかし私が自己破産をしたため、C銀行に代位弁済した信用保証協会が連帯保証人のB氏に対し債権回収目的の面談の葉書が郵送されました。
信用保証協会はA社も同時に自己破産申請していると思っているらしく、信用保証協会からA社に対し支払に関する催促はきていません。
私個人は自己破産しましたが、A社は現在代表取締役を変更して会社として存続している状態です。
来月に私がA社の代表取締役に就任(復帰)する予定なのですが、連帯保証人のB氏が支払うのではなく、当初借入したA社が信用保証協会に弁済するような交渉が出来ればと考えています。

回答
A社が信用保証協会に弁済する交渉をすることはまったく問題ありません。
そもそも債務者はA社であることに変わりはありませんから、その債務者自身のA社が弁済することは本来当然のことでもあります。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-信用保証協会保証付融資の代位弁済

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.