信用保証協会の審査で個人の借入状況は把握されますか?


2013年12月08日

ホーム信用保証協会保証付融資の審査>信用保証協会の審査で個人の借入状況は把握されますか?

質問
今度、起業の為に創業支援融資を受けたいと思っています。
信用保証協会の審査が受かれば融資も可能と言われました。
そこで、信用保証協会では個人の借り入れ状況などどれぐらい把握されるものなのでしょうか?
数年前にマイカーローンを個人で組んでいまして個人の借入金も審査に大きく影響が出るのでしょうか?

回答
創業融資で信用保証協会を初めて利用する場合には、個人信用情報の調査が行われます。
これにより個人の借入状況も信用保証協会は把握します。
信用保証協会が個人の借入状況を把握する目的は、1つには個人の資金繰り状況も含めて総合的に審査をするためです。
もう1つは個人の借入を信用保証協会の保証付融資にて返済してしまう恐れの可能性を確認するためです。

起業するということは法人を設立することになります。
そして創業融資の返済は原則的には設立した法人の事業収入等で行うことになります。
しかしながら起業後すぐに法人の事業が十分に展開されることは少なく、また計画通りに事業が進展しない場合には、やはり個人の資力でもって返済を補うことが想像されます。
このようなこともあり、個人の借入状況も調べて個人も含めて返済能力を審査するのです。

また信用保証協会は事業資金の融資を保証する公的機関です。
個人の借金の返済は事業とはまったく関係ありません。
信用保証協会の保証制度を利用した融資は低利であることが多く、この低利な融資でもって高利な個人の借入を返済する目的で信用保証協会を悪用することが時々あります。
この実質的な借換を防止するためにも個人の借入状況を信用保証協会は事前に調査するのです。

ただ現在利用されている借入はマイカーローンであれば、そのこと自体が審査に影響することは少ないはずです。
これがもし高利な消費者金融からの借入であれば、事前にその借入を完済することが審査の条件となります。






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%