信用保証協会の融資後の確認について


2013年12月11日

ホーム信用保証協会保証付融資Q&A>信用保証協会の融資後の確認について

質問
独立の為の創業融資を保証協会に融資を依頼しようと思います。
現在、提出書類を作成しているのですが、気になる点が1つあります。
それは仮に保証協会から融資がおりた場合、融資実行後、契約する予定の事務所を視察にくるのでしょうか?
融資がおりた後に領収書の提出や事務所の視察等の確認は行われるのでしょうか?

回答
結論から申し上げて事務所の視察は行われませんが、領収書の提出は求められます。
信用保証協会の融資というのは、信用保証協会が直接融資を行うのではなく、銀行などの金融機関を通じて融資が行われます。
そして金融機関や信用保証協会は融資の資金使途を厳格に管理しています。
その管理の一環として使途通りに使われたかどうかを事後的に確認するために、領収書の提出が求められます。
金融機関の実務としてはこの資金使途を管理するために、資金使途が設備資金、例えば事務所の内装資金等の場合には、支払先への振込手続きの書類を事前にお預かりし、融資実行後即日、その振込を実施し融資が他の使途に流用されないようにしています。

万が一、他の使途に融資を使用した場合には、資金使途違反となり最悪は融資の一括返済を求められることになります。
一括返済とならない場合でもその融資が完済にならない限り、融資を受けた金融機関や信用保証協会を利用することは出来なくなります。
資金使途の流用は非常に重いペナルティが課せられますので、十分に注意をしてください。






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%