サラリーマンなのに住宅ローンの申込みで勤務先の決算書の提出が必要?

更新日:

ホーム住宅ローンの審査>サラリーマンなのに住宅ローンの申込みで勤務先の決算書の提出が必要?

サラリーマンの場合、通常住宅ローンの申込みにおいて収入を証明する資料として源泉徴収票が必要になります。
そして勤務先の決算書などは通常提出する必要はありません。

しかし勤務先が親が経営している会社の場合、その親が経営している決算書の提出が求められる場合があります。
その理由は親子関係にあります。
一例をあげます。
勤務先が親とはまったく関係のない一般企業の場合、その会社の資金繰りの問題で会社に本人がお金を貸し付けるようなことはないはずです。
しかし親が経営している会社に対してはそのつながりが一般的には強いと考えられますから、親に頼まれて本人が会社にお金を融通する可能性が考えられます。

このように親が経営している会社に勤務している場合、そのつながりの強さゆえに住宅ローンの申込みにおいて決算書の提出が求められる場合があるのです。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-住宅ローンの審査
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.