両親が自己破産していますが住宅ローンは大丈夫ですか

更新日:

ホーム住宅ローンの審査と家族>両親が自己破産していますが住宅ローンは大丈夫ですか

住宅ローンを含めておよそ銀行ローンの審査は申込人本人の返済能力や信用情報が問題となります。
したがって両親が自己破産していても両親とその子供は別ですから、原則的には両親の自己破産有無が子供の審査に影響することはありません。

ただ子供の個人信用情報を銀行が取得した際には、同居家族の信用情報も還元されてくることがあります。
自己破産の情報は10年間個人信用情報に登録されています。
したがって銀行などでは子供本人の信用情報にまったく問題がなくても、両親の自己破産情報を問題視するケースがあります。
このあたりは銀行によって考え方が異なるところです。
つまり両親と子供はあくまでも別だから本人に問題なければ住宅ローンの審査上も問題なしとするところや、両親と子供は別とはいってもやはり親子ですから両親の事故情報を重視して、本人の住宅ローンを否決とするところもあります。

銀行によってローンに対するスタンスが影響してくる問題です。
自己破産から10年以上が経過していれば個人信用情報から破産情報は抹消されますから、このようなことで悩む必要はないのですが。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-住宅ローンの審査と家族
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.