カードローンの審査では配偶者も審査されるのですか?

更新日:

ホームカードローンの審査>カードローンの審査では配偶者も審査されるのですか?

カードローンの申込手続きにおいて本人の情報の他に家族の情報も記載や入力を求められることがあります。
そのために配偶者も審査対象になってしまうのではないかと思われるケースがありますが、審査の対象はあくまでも本人のみです。
家族の情報を記載したり入力したりするのは、あくまでも参考情報として利用しています。
カードローンの審査(他のローンも同様ですが)においては本人の収入状況やその収入の安定性(勤務先や勤続年数等)、他の借入状況で本人の属性の審査を行いますが、家族状況も本人属性を補完する役割として位置づけられています。
あくまでも一般的な考え方ですが、独身よりも既婚者、夫婦のみよりも子供有、賃貸住宅よりも持家の方が本人属性の点においてはプラスに働きます。
つまり配偶者はカードローンの直接の審査対象にはならず、配偶者の有無によって本人属性を補完しているのです。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-カードローンの審査

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.