住宅ローンの事前審査の落とし穴


ホーム住宅ローンの事前審査と本審査>住宅ローンの事前審査の落とし穴

住宅ローンの審査にはみなさんご存知のとおり、事前審査と本審査の2つがあります。
目当ての住宅が見つかり不動産会社経由あるいは直接銀行に住宅ローンを申し込むと銀行の方で事前審査をおこないます。
そして事前審査OKとなれば一安心ということになります。

ところで住宅ローンの事前審査には1つ落とし穴があります。
それは個人信用情報です。
まず住宅ローンの審査は銀行本体と住宅ローン保証会社の双方で行われます。
事前審査においては銀行によって異なりますが、銀行本体のみで事前審査だけ行い、住宅ローン保証会社の審査は本審査時に行うところが少なくありません。

さきほどの個人信用情報の調査は事前審査時にも行っているところが多いのですが、銀行本体のみで事前審査を行う場合には銀行が加盟している個人信用情報機関にのみ照会することになります。
そして本審査時に住宅ローン保証会社が加盟している個人信用情報機関にも照会を行うことになります。

銀行と住宅ローン保証会社がそれぞれ加盟している個人信用情報機関は異なります。
もっとも多いパターンは銀行は銀行系のみの個人信用情報機関に加盟し、住宅ローン保証会社の方でクレジットカード系や消費者金融系の個人信用情報機関に加盟しているケースです。

仮に消費者金融の利用があるとします。
そして返済は滞っておらず毎月きちんと返済しているとします。
この状態で銀行に住宅ローンを申し込んで事前審査OKの連絡が来たとしても安心できません。
事前審査が銀行のみで行われているとすれば、まだ消費者金融の利用は本人が申告しない限りわかりません。

本審査において住宅ローン保証会社で個人信用情報を調査したら消費者金融の利用が判明し、住宅ローン保証会社の保証が得られないため住宅ローンが利用できないケースが多いのです。
消費者金融の利用があれば100%住宅ローンの利用が出来ないということでは必ずしもありませんが、多くの場合否決となってしまいます。

銀行や住宅ローン保証会社がどの個人信用情報機関に加盟しているかは各ホームページのプライバシポリシーに記載されています。
また申し込み時の個人信用情報の利用に関する承諾書にも記載されています。
一度ご確認ください。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト