連帯保証人は債務者と実質的に同じです


ホーム保証人に関すること>連帯保証人は債務者と実質的に同じです

保証人には単なる保証人と連帯保証人の2つがありますが、その大半は後者の連帯保証人です。
保証人は債務者が返済出来なくなった場合に初めて代わりに返済する義務を負うと思いがちですが、実は連帯保証人というのは債務者が返せる返せないに関係なく返済する義務を負っています。
例えば債権者が債務者に返済を請求することなく、連帯保証人に返済を求めてきた場合、保証人としては当然「まずは債務者に請求してください」と言いたいところです。
しかし連帯保証人は「まずは債務者に請求してください」と抗弁することは出来ず、債権者から返済を請求されれば返済しなければならない義務を負っています。

また債権者が債務者の資産を差し押さえることなく連帯保証人の資産を差し押さえてきた場合、連帯保証人としては当然「まずは債務者の資産を差し押さえてください」と言いたいところです。
しかし連帯保証人は「まずは債務者の資産を差し押さえてください」と抗弁することは出来ず、資産を差し押さえられても文句は言えない立場にあります。

このように保証制度の大半を占めている連帯保証人は実質的には債務者と同じなのです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト