金利(利息)に敏感になってください

ホームカードローンの基礎>金利(利息)に敏感になってください

ローンやキャッシングを利用すると当たり前ですが金利がかかります。
金利は通常の返済方法の場合、元金と一緒に返済しています。
例えば毎月2万円を返済している場合、その2万円は元金+利息の合計額です。
そして利息の支払いは厳密にいうとローンやキャッシングの返済ではありません。
厳密な返済は元金充当部分だけです。
したがって毎月2万円を返済していても、実際には元金部分のみがローンやキャッシングの返済であり利息は厳密には返済には含まれないのです。

では実際にはいくら返済しているのか、つまり元金を返済しているのかを知るには基本的なことですが金利の計算方法を押さえておきましょう。
金利は次の計算式によって簡単に求めることが出来ます。
金利=元金×利率×利用日数÷365日。

例えば50万円のローンを利率15%で1か月利用したとします。
この場合の金利額は、
50万円×15%×31日÷365≒6,369円
となります。
このケースでは2万円を返済したつもりでいても、元金返済額は13,631円(=20,000円―金利6,369円)だけだということになります。

また仮に利率が5%だとするとこの場合の金利額は、
50万円×5%×31日÷365日≒2,123円
となります。
このケースでは2万円の返済のうち元金返済額は17,877円(=20,000円-2,123円)となります。
利率15%と比べて4,246円の違いが生じ、その分だけ元金の返済充当額が多くなります。
つまり同じ2万円を返済したつもりでいても、利率15%では利率5%の場合に比べて実質的な返済、つまり元金返済額が4,246円少ないことになり、その分だけローン、キャッシングの返済が進んでいないということになります。
これは1か月の違いですから年間に引き直してみるともっと金額は多くなります。
ローン、キャッシングの金利には敏感になった方が絶対にお得です。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。