自己破産は貧しく暗い生活ではありません


2014年01月21日

ホーム自己破産>自己破産は貧しく暗い生活ではありません

自己破産に関するテレビドラマや雑誌等の情報から自己破産をするとその後は貧しくて一生暗い生活を送らなければならないようなイメージがありますが、そんなことはありません。
自己破産をするとすべてを失うと思いがちですが、99万円以下の現金や価値が20万円未満の財産は手元に残ります。
また自己破産をすると仕事を失い生活基盤が破壊されるとのイメージもありますが、大抵の場合、職場に知られることなく自己破産の手続きが進められますから、退職を余儀なくされるということもありません。

安易に自己破産をすることを勧めることはしませんが、新たな生活をスタートさせるには最大最良の手段だと思います。
特に借金の返済をずっと考えなければならない生活から完全に脱却することが出来ます。
失うことよりも得られることの方がずっと大きいと思います。






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%