総量規制の除外となる貸付とは

ホーム個人ローン全般>総量規制の除外となる貸付とは

改正貸金業法により、個人が借りられるお金の総額は年収の1/3までとなりました。
ただしすべての借入が年収の1/3までとなったわけではなく除外、つまり例外の借入があります。
総量規制の除外となる貸付は年収の1/3を超えても利用が出来るのです。
それでは総量規制の除外となる貸付にはどのようなものがあるのでしょうか?
例えば土地やマイホームなど不動産購入のための貸付けです。
代表的なものは住宅ローン。
住宅ローンは総量規制の除外貸付となります。
また自動車購入時の借入です。
自動車を担保としてその購入資金の借入する場合には総量規制の除外となります。
さらには高額医療の支払いのための借入も総量規制の除外として扱われています。




◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。