総量規制の除外となる貸付とは


2014年01月25日

ホーム個人ローン全般>総量規制の除外となる貸付とは

改正貸金業法により、個人が借りられるお金の総額は年収の1/3までとなりました。
ただしすべての借入が年収の1/3までとなったわけではなく除外、つまり例外の借入があります。
総量規制の除外となる貸付は年収の1/3を超えても利用が出来るのです。
それでは総量規制の除外となる貸付にはどのようなものがあるのでしょうか?
例えば土地やマイホームなど不動産購入のための貸付けです。
代表的なものは住宅ローン。
住宅ローンは総量規制の除外貸付となります。
また自動車購入時の借入です。
自動車を担保としてその購入資金の借入する場合には総量規制の除外となります。
さらには高額医療の支払いのための借入も総量規制の除外として扱われています。






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%