総量規制の例外とされる貸付とは?

ホーム個人ローン全般>総量規制の例外とされる貸付とは?

総量規制とは個人の借入の上限を年収の1/3までとするルールです。
しかし総量規制の例外とされる貸付があり、これは総量規制の対象となる借入額には合計されるものの、年収の1/3を超えても認められる貸付です。
具体的にどのような場合かと言うと、それは年収の1/3を超えてもその個人に返済能力が認められる場合です。
例えば年収300万円の人がすでに100万円の借入を行っているとします。
この状態で医療費のために30万円の借入が必要になったとします。
総量規制の1/3を超えてしまいますから新たな30万円の借入は無理のように思いますが、その人に返済能力が認められれば、例外としてこの30万円の借入が可能になるということです。
総量規制の1/3ルールは原則として適用されますが、最終的にはその個人の返済能力が借入可否の判断基準になるということです。




◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。