総量規制の例外とされる貸付とは?

投稿日:

ホーム個人ローン全般>総量規制の例外とされる貸付とは?

総量規制とは個人の借入の上限を年収の1/3までとするルールです。
しかし総量規制の例外とされる貸付があり、これは総量規制の対象となる借入額には合計されるものの、年収の1/3を超えても認められる貸付です。
具体的にどのような場合かと言うと、それは年収の1/3を超えてもその個人に返済能力が認められる場合です。
例えば年収300万円の人がすでに100万円の借入を行っているとします。
この状態で医療費のために30万円の借入が必要になったとします。
総量規制の1/3を超えてしまいますから新たな30万円の借入は無理のように思いますが、その人に返済能力が認められれば、例外としてこの30万円の借入が可能になるということです。
総量規制の1/3ルールは原則として適用されますが、最終的にはその個人の返済能力が借入可否の判断基準になるということです。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-個人ローン全般

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.