個人事業主の借入は総量規制の例外対象です


ホーム自営業者の銀行融資>個人事業主の借入は総量規制の例外対象です

2010年6月から個人の借入は原則として総量規制の対象となり、年収の1/3が借入の上限となりました。
しかし同じ個人であっても商売をしている個人事業主は総量規制の例外対象となっています。
つまり個人事業主は年収の1/3を超えても借入が可能な場合があるということです。
では年収の1/3を超えて借入可能な場合とはどういうことかというと、それは返済能力が認められる場合です。
年収の1/3を超える借入であっても、返済能力があると貸金業者が認めれば借入が実施されるわけです。
個人事業主であれば一律総量規制の例外となるわけではなく、返済能力があってはじめて総量規制を超えて借入が可能となるわけです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト