個人ローンの審査等に使われるクレジットスコアとは


2014年02月08日

ホーム個人ローンの審査>個人ローンの審査等に使われるクレジットスコアとは

住宅ローンやカードローン、目的別の各種個人ローン、キャッシングやクレジットカードの新規発行時には当然ながら審査が行われます。
金融機関やクレジットカード会社には毎日大量の新規申し込みが行われています。
この大量の新規申し込みに対応し迅速に可否を判断するには、審査を効率よくスピーディーにこなしていく必要があります。
審査を効率よくスピーディーにこなしていくために採用されているのが、クレジットスコアとかスコアリングと呼ばれている審査手法です(金融機関によって名称は異なります)。
もちろんローン等の審査はクレジットスコアが全てではないですが、審査の中核をなす、あるいは審査の前提となるものとして採用されています。

このクレジットスコアですが、簡単に言えば申し込みをした個人の返済能力を各種情報から点数化するものです。
そしてその各種情報の中心をなすのが個人の信用情報です。
個人信用情報には今までの返済状況、借入の枠、申込状況、クレジットカードの支払い状況、携帯電話(スマートフォーン)の機器代金の分割返済状況などが個人信用情報機関に加盟している金融機関等の情報が横断的に登録されています。
これらの情報を一定の法則により算出し、その個人の返済能力等を点数化して審査の参考情報とするのです。
そしてこのクレジットスコアの点数が一定の基準以上であれば、その他補足的な審査項目に問題がなければ審査は可決、一定基準未満であればその時点で審査は否決となるのです。

返済が一時的にせよ遅れることがあったならば、クレジットスコアの点数は大きく下がります。
また頻繁にローンやクレジットカードの申し込みをしているとやはりクレジットスコアの点数は下がります。
銀行口座に引き落とし代金を入金し忘れたといったちょっとしたことでもクレジットスコアの点数は下がりますから、日頃の心がけはとても大切です。






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%