クレジットの支払いの方法の違いを理解しましょう


2014年02月22日

ホームクレジットカードの基礎>クレジットの支払いの方法の違いを理解しましょう

クレジットカードの支払方法は一括払い、分割払い、リボルビング払いの3つがありますが、それぞれの違いを理解して使い分けることが出来れば自分のお金の状況に合わせることが出来ます。
最初にクレジットカードの3つの支払い方法の違いを確認しておきます。
まず一括払い。
これは利用代金を翌月の指定日にまとめて一回で支払う方法です。
通常のクレジットカードでの支払いで広く利用されており、利息がつかないメリットもあります。
次に分割払い。
これはクレジットカードの利用代金を2回、3回、6回、12回などに均等に分割して支払う方法です。
分割の回数に応じて利息がつきますが、大きな買い物をした場合には利用代金の支払いを分割することが出来ますから便利な使い方です。
最後にリボリング払い。
このリボルビング払いは分割払いの一種です。
分割払いの場合には利用代金を分割回数に応じて均等に支払う方法ですが、リボルリング払いは毎月最低金額の支払いだけすれば良い方法です。
資金面が苦しい時に助かります。

このようにクレジットカードの支払方法は大きく3つあるわけですが、これらの使い分けはどのように考えれば良いでしょうか。
まず基本の支払いは一括払いがおすすめです。
利息がかかりませんし、自分自身に翌月には支払わないといけないと考えることでクレジットカードの使い過ぎに歯止めがかかります。
これはとても大切なことだと思います。

分割払いは家電など大きな買い物をした際におすすめです。
さすがに数十万円もする冷蔵庫など高価な買い物をした際に、それを翌月に一括払いにするのは負担が大きすぎます。
冷蔵庫などはこの先、何年も使用しつづけるものですから代金を分割して払うことには一定の理屈も立ちます。
ただし分割回数に応じて利息がかかることは頭に入れておきましょう。

リボリング払いは毎月クレジットカードを確実に利用する場合に便利に使える支払方法です。
クレジットカードの利用金額に応じて毎月最低限の支払いだけすればよいので、資金負担の平準化に役立ちます。
ただし利息がかかりますし、なかなか利用残高が減りませんからトータルではそれなりの利息を支払うことになります。
ある意味、借金の同じことですから資金負担が軽くなるからといって安易に利用することはおすすめしません。






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%