カード利用の際に手数料は払う必要はありません


2014年02月23日

ホームクレジットカード全般>カード利用の際に手数料は払う必要はありません

あまり多くはないと思いますが、飲食店や小売店でクレジットカードを利用する際に、代金にカード利用の手数料が上乗せされて請求される場合があります。
しかし利用者はこの手数料を実際には支払う必要はありません。
なぜかを理解するためにクレジットカードの仕組みを特にお店、つまり加盟店側からの切り口でご案内します。

飲食店や小売店は当然ながら売上を伸ばしたいと考えています。
商品やサービスを現金だけで販売していては、現金をその場で持ち合わせていないお客やカード決済を希望するお客を逃すことになります。
そこでクレジットカードの加盟店になってカード決済を利用可能とすることで、現金だけではなくクレジットカードでも代金支払いが可能となり、結果としてお客さんが増えて売上増加につながります。

なおクレジットカードの加盟店になると売上の数パーセントをクレジットカード会社に加盟店料として支払う必要があります。
この手数料を支払う必要があるのは売上増加の恩恵を受けるお店側です。
クレジットカードを利用する際に手数料の上乗せをするのは、この加盟店料分を上乗せしているのですが、これはあくまでもお店側が支払うものであって私たちお客が支払う必要はないものです。
このようなお店に出くわしたら、そのお店での購入は控えてはどうでしょうか。






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%