主人がその銀行にカードローンがあることが分かりました

投稿日:

ホーム住宅ローンとカードローン>主人がその銀行にカードローンがあることが分かりました

質問
銀行に住宅ローンの相談に行きました。
共働きの今の世帯年収であれば希望金額までの住宅ローンは大丈夫ですと言われました。
しかし主人がその銀行にカードローンがあることがわかりました。
住宅ローンの正式な申し込みはこれからなのですが、このような状態でもローンは実行してもらえるのでしょうか。

回答
住宅ローンの審査にとってカードローンは「邪魔」であることは確かですが、カードローンがあるからといって住宅ローンが利用出来ないとはなりません。
カードローンを持っていることで住宅ローンの審査に影響してくるのは「返済比率」です。
返済比率とはこれから利用しようとする住宅ローンと他の借入を含めたすべての借入の返済額が年収対比一定の比率に収まる必要があります。
返済比率が審査基準内に収まっていれば、カードローンを持っていること自体は住宅ローンの審査の否決材料とはなりません。
返済比率が審査基準をオーバーするようであれば、住宅ローン金額の減額を求められるか、あるいはカードローンの返済・解約が条件となる場合があります。
住宅ローンを相談されている銀行にカードローンを持っているということですが、住宅ローンの申込時には自らカードローンを利用していることを申告してください。
その方が心象が良くなります。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-住宅ローンとカードローン

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.