先日主人が亡くなりましたが、主人にカードローンが残っているのがわかりました

投稿日:

ホーム夫婦・親族の借金に関すること>先日主人が亡くなりましたが、主人にカードローンが残っているのがわかりました

質問
先日主人が亡くなりましたが、主人にカードローンが残っているのがわかりました。
妻の私に支払う必要があるのでしょうか?

回答
相続というのは資産と負債と両方が相続の対象となります。
カードローンというのは負債ですから相続の対象となりますので、主人の相続人である妻など相続人に支払いの義務が生じるのが原則です。
しかし主人が残した負債が資産よりも大きい場合、残された相続人は負債を背負いながら生きていかなければなりません。
そこで民法では相続放棄という制度が設けられています。
相続放棄と言うのは資産の相続を放棄する代わりに、負債の相続も放棄できるというものです。
この相続放棄の制度を利用すれば妻などの相続人は負債であるカードローンの支払いを免除されることになります。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-夫婦・親族に関すること

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.