妻の借金が主人の住宅ローン借入に影響する?

ホーム住宅ローンと家族の借金>妻の借金が主人の住宅ローン借入に影響する?

奥さんが消費者金融から借入があり、主人が住宅ローンを借入する場合、奥さんが消費者金融から借入があることが原因で、主人が住宅ローンを借入できないことがありますか?

先日ある知人から質問を受けたのですが、結構こういったことで悩んでいる方も多いのではないかと思い、こういったケースについての銀行の考え方をご案内します。

原則として申込人以外の個人信用情報は調べない

まず銀行に住宅ローンを問わず、融資借入を申し込む場合、この申込人の個人信用情報を銀行は取得します。
あと銀行が個人信用情報を取得する関係者としては、連帯保証人です。
これ以外の人、例えばご家族とか親族の人の個人信用情報を銀行が取得することは100%ありえません。

そして住宅ローンの場合は基本的には保証人は求められません。
購入されるご自宅に銀行は抵当権を設定しますが、奥さんとか両親を連帯保証人として求められることは基本的にはありません。

奥さんが連帯保証人になるケース





住宅ローンで連帯保証人が求められるケースとしては概ねつぎの2つのケースに限られます。

1つはご主人の収入では希望額通りの住宅ローンが難しいため、収入合算者として奥さんを連帯保証人として求める場合。

2つめは購入される自宅の名義がご主人と奥さんの共有名義とする場合、例えば借入人がご主人1人としても、自宅の共有名義である奥さんは担保提供者となりますから、この場合も奥さんを連帯保証人として銀行は求めます。

この2つ以外の場合は銀行は基本的に連帯保証人を求めません。

したがってこのような場合は、奥さんの信用状態を銀行が調査することはありませんので、あくまでご主人の信用状態のみ銀行は調査することになります。

奥さんが消費者金融から借入があるとしても、それをわざわざ銀行に申告しない限りは銀行はそのことを知ることはありません。
したがって奥さんが連帯保証人にならない限りは、ご主人の住宅ローン借入には影響しません。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%