クレジットカードの3か月以上の延滞でブラックリスト入りです

ホーム個人信用情報に関すること>クレジットカードの3か月以上の延滞でブラックリスト入りです

クレジットカードの支払いを安易に考えているかもしれませんがクレジットカードの支払い状況はきちんと個人信用情報に登録されています。
クレジットカードの支払い状況は「CIC」という個人信用情報機関の1つに登録されることになっています。
このCICでは過去2年分のクレジットカードの支払い状況が登録されています。
支払状況は「マーク」で登録されています。
例えば「$」は約定の返済日(支払日)にきちんと支払いがなされたことを表しています。
一方で「A」は返済日に支払いがなされなかったこと、つまり延滞を表します。
この「A」マークが3ヶ月以上続くと個人信用情報に「異動」と登録されます。
この「異動」がいわゆるブラックリストです。

この異動情報いわゆるブラックリストが登録されると新しいローンやクレジットカードの新規発行はほとんどのケースで難しくなります。
ローンやクレジットカードの申し込みを行うと金融機関は審査の一環として個人信用情報を調査します。
そこで異動情報いわゆるブラックリストの掲載があると「延滞をしている人、あるいは最近延滞をしていた人には安心してお金を貸せない」という判断になりますから審査が不可となるのです。
異動情報いわゆるブラックリストは延滞が解消後してもその後5年間は登録され続けるルールになっていますから、この間はローンが利用出来ない、クレジットカードが使えないなどの不自由な生活を余儀なくされます。



なおブラックリストは3ヶ月以上の延滞でないと登録されませんが、1か月の延滞でも個人信用情報には登録されます。
ローンの審査やクレジットカードの新規発行審査には例え1か月であっても延滞の情報は気になるものです。
ブラックリストに登録されるされないに関わらず、延滞には注意をする必要があります。


◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。