借金がある場合の住宅ローン審査

ホーム住宅ローンと借金>借金がある場合の住宅ローン審査

借金があっても住宅ローンを申し込むことは可能です。
また住宅ローンの審査が通るケースはいくらでもあります。

私の現場感覚としては住宅ローンを申し込まれる人で借金がまったくないケースはむしろ少ないと思います。
カードローンであったり、車のローン、教育ローンなどを利用している状態で住宅ローンを申し込まれる人がたくさんいらっしゃいます。

住宅ローンの審査項目の1つに「返済比率」というものがあります。
これはつぎの式で求められます(サラリーマンの場合)。

住宅ローンを含めた年間の元利金返済額・・・A
税込年収・・・B

返済比率=A÷B です。





住宅ローン審査でOKとなる返済比率は年収や申し込む銀行等で多少異なりますが、おおむね30%~40%と考えられます。

住宅ローンを申し込み時においてカードローンなどの借金があったとしても上記返済比率の範囲内に収まり、他の審査項目がOKとなれば住宅ローンの審査は通ると思います。

ただ一点、注意があります。
それは借金先です。
通常の金融機関やクレジット会社からの借金であれば問題ありませんが、消費者金融からの借入が含まれているとやっかいになります。

これも申し込む銀行等で対応は異なると思いますが、私の銀行では仮に消費者金融からの借入が1件で10万円であったとしても、住宅ローンの審査は通りません。
多くの銀行等でもおそらく同じ基準だと考えられます。

この場合は住宅ローンを申し込む前に完済をして、解約をしてください。
完済するだけではだめです。
契約そのものを解約してください。

解約さえすれば、住宅ローンの審査は前へ進みます。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%