カードローンというのは申し込みだけして組む必要はないのでしょうか?

ホームカードローンの基礎>カードローンというのは申し込みだけして組む必要はないのでしょうか?

質問
今、職場の経理部から取引のある銀行さんへの協力として「カードローンを組んで欲しい」という依頼が来ています。
正直なところカードローンは組みたくありません。
カードローンというのは申し込みだけして組む必要はないのでしょうか?
申込をしたら組まなくてはいけないのでしょうか?





回答
カードローンというのは例えば50万円以内なら、いつでも自由にカードを使ってATMからお金を引き出せる、つまり借入することが出来るという商品です。
申込だけして、別にそれを利用する、つまり借入をする必要はありません。
必要な時があればその時に借入をすれば良いのです。
つまりカードローンというのは将来の借入に備えて借入枠を設けておくものだとお考えください。
将来のお金が必要な時に備えるという点で便利な商品だと言えます。

ただし1点注意をすることがあります。
それはカードローンを使っていても使っていなくても、他のローン、例えば住宅ローンの申込時にはカードローンは借入枠まで全額使っているものとして審査が進められるという点です。
カードローンがあるから住宅ローンが希望額まで届かなないというケースはあり得ます。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達