消費者金融の利用がある場合の住宅ローン申込み

ホーム住宅ローンと消費者金融>消費者金融の利用がある場合の住宅ローン申込み

消費者金融から借入がある場合、住宅ローンの申込をして審査が通るのかどうか、お問い合わせが多いので私の融資の現場からお答えします。

消費者金融の利用は住宅ローンの審査上大きなマイナス

消費者金融から借入がある状態で住宅ローンを申込した場合、住宅ローンの審査が通る可能性は極端に低くなります。
もちろんまったく審査が通らないということではありませんが、大半の場合、お断りしてるのは現状です。
消費者金融の利用件数や利用金額によらずにです。

一般的に考えて消費者金融の利用というのは、相当程度お金に困って借入している場合は大半です。
そのような方に超長期の住宅ローンの返済が可能なのかどうか、どうしても疑ってしまうのです。

銀行では消費者金融の利用の有無がわかります

住宅ローンを申し込む場合、消費者金融からの借入を申告せずに申し込まれる人が結構いらっしゃいますが、銀行では必ず申込人の信用情報を調査します。
そうすれば申告せずとも銀行は事実を把握します。

住宅ローンの申込み前に消費者金融の完済を

住宅ローンを検討されている場合は、可能な限り申込以前に消費者金融を完済し、かつ解約してください。
完済するだけではだめです。
契約そのものの解約してください。
そうすれば住宅ローンは通常の「目線」で審査されます。





住宅ローンは超長期にわたって返済をしていくものです。
何よりもお金の安定が大切ですから。

それとよくネット上や話などで、購入元の不動産会社が銀行にうまく言ってくれて、消費者金融からの借入がある状態のまま、住宅ローンの利用が出来たとの話を聞きます。

私はこれには賛成できません。
この先、長期間にわたって返済していくのは住宅ローンを借入したご本人です。
決して不動産会社ではありません。

不動産会社の方にはちょっと失礼にあたるかもしれませんが、不動産会社は住宅ローンを利用してもらって、不動産を販売しその代金を回収すればそれで100%よいのです。
ですから販売のために、営業のために住宅ローンを通そうとしているのです。
決して申込人ご本人のために住宅ローンを通そうとしているのではありません。

消費者金融から借入がある状態で、住宅ローンを利用したとしても、この先、その返済に困るのは利用したご本人です。
返済に困りまた新たな消費者金融などを利用すれば、そのうちせっかくのご自宅を失うことにつながります。
このような方は今でも後を絶ちません。

ですから銀行は消費者金融を利用している人については審査を厳しくしてしまうのです。

住宅ローンの申込をきっかけにお金の面もリセットして綺麗にすることをおすすめします。

※住宅購入にも使える不動産担保ローン






◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%