カードローンの1万円はこれからも一生払いつづけなければいけないのでしょうか?

ホームカードローン全般>カードローンの1万円はこれからも一生払いつづけなければいけないのでしょうか?

質問
イオンのクレジットカードについているカードローンを組み、リボ払いで毎月1万円を返済しています。
ところでこのカードローンの1万円はこれからも一生払いつづけなければいけないのでしょうか?
それとも毎月きちんと1万円を払っていればお金を払うのが終了する日がくるのでしょうか?





回答
返済を続けて行けば必ずカードローンの利用残がゼロとなり、返済が終了する日が来ます。
毎月1万円を払っているということですが、この1万円の内訳は元金返済部分と利息です。
1万円の中には利息が含まれていますから、元金の減り具合は利息の分だけ少なくなりますが、金額の大小は別にしてカードローンの元金は確実に減ります。
そしてその元金がゼロになれば返済は終了となります。
なおカードローンは借入枠までは繰り返し利用出来るのが特徴です。
元金が減ればその減った金額は再びカードローンで利用出来るようになります。
減った分を利用すれば、元金は増加しますから返済はまた最初から振り出しになってしまいます。
そこで利用したいのがカードローンの任意返済機能です。
カードローンは毎月の約定返済に加えていつでも任意に返済出来る特徴があります。
ですから毎月の返済に加えて手元に多少なりともお金があるときには、任意の返済をすることが賢明です。
利息は元金に対してかかってきます。
任意返済は毎月の約定返済とは異なり、返済した分だけ元金が減ります。
つまり任意返済は全額が元金の返済に充当されるのです。
元金を減らせば利息は減ります。
現在のカードローンの多くはATMで簡単に返済することが出来ますから、気が付いた時に面倒がらずにやっておきましょう。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達