家族に破産者がいる場合の住宅ローン審査


ホーム住宅ローンの審査と家族>家族に破産者がいる場合の住宅ローン審査

家族や両親などに破産者がいても、申し込む人自身に破産のような事実がない限り、住宅ローンの審査には影響しません。

基本的に家族の信用状態は住宅ローン審査に影響はない

住宅ローンの審査はあくまでも申し込む人について審査が行われ、家族の信用状態などを調査することはありません。
今は個人情報の取扱が各金融機関との厳格に徹底されています。
個人信用情報の利用に関する同意書といった種類のものの提出を受けない限りは銀行は信用情報機関に照会するようなことはしません。

あくまで住宅ローンは申込人についてのみ行われます。
ただし連帯保証人や担保提供者、あるいは収入合算者などについては銀行はその人たちから同意をもらった上で、信用状態を調査します。

例えば申し込む人が主人とした場合、収入面で不足するので共働きの妻を収入合算者として住宅ローンを申し込む場合、その妻の信用状態を銀行は調査します。
妻に破産や債務整理などの事実があれば、住宅ローンの審査は通らなくなります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト