カードローン審査で一番見ているところ

ホームカードローンの審査>カードローン審査で一番見ているところ

カードローン審査にはいろいろな項目があるわけですが、突き詰めればその人にお金を貸して大丈夫かどうかを判断するということです。
「その人にお金を貸して大丈夫かどうか」はその人に会ってみて、あるいは電話で話してみて判断することも出来ますが、実際に人に会ってみて、話してみて、その人が「お金を貸して大丈夫かどうか」を判断することは極めて困難です。
また「即日融資」のフレーズに示されるようにカードローンの審査はスピードが求められます。
またカードローンを申し込む人は毎日多数に上ります。
したがって現実的に申し込んだ人に実際に会ってみて、あるいは話してみることが不可能です。

では「その人にお金を貸して大丈夫かどうか」をどのようにして判断しているのかと言えば、それは客観的情報に基づくその人の「属性」です。
属性とは職業、年収、住宅が持家か賃貸か、固定電話を有しているか、家族構成、個人信用情報など多項目に渡ります。
その多項目にわたる属性情報をシステム的に点数化して、その人の属性を審査しているわけです。
そんな点数でその人の属性、つまり人となりが判断出来るのかと不満に感じる方もいらっしゃるかと思いますが、時間的・物理的な制約の中でより正しくかつ客観的にその人の属性を判断するには現在のところではもっともベストな方法と考えられています。
住宅は賃貸よりも持家の方が属性は高いと判断されます。
また電話については固定電話を持っている方が携帯電話だけの人のより属性が高いと判断されます。
それぞれの属性項目を1つ1つ点数化してその人の属性を判断しています。
そしてその総合的な属性はカードローン審査の命とも言える大切な要素なのです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。