過去の延滞が住宅ローンの審査に与える影響

ホーム住宅ローンと借金>過去の延滞が住宅ローンの審査に与える影響

カードローンやクレジットカードの支払を過去延滞している場合、住宅ローンの審査にはどのように影響すると思いますか?

結論から申し上げてそれは程度によります。
例えば5年、10年前にカードローンやクレジットカードの支払を数回延滞したが、今は完済しており利用もない場合はまず住宅ローンの審査に影響はしません。

また最近1年間に1回ほど2、3日延滞した場合も住宅ローンの審査には影響しないと思われます。

住宅ローンは20年とか30年とか超長期の融資になります。
銀行としてはこれだけ長い期間の融資ですから、今までの金融面の取引振りから推測して「まずこの人は大丈夫だろう」と言える人に住宅ローンの利用をお願いしたいと考えています。





この考え方から言うと、さきほどの5年、10年前に数回延滞したが現在は完済している場合は「まずこの人は大丈夫だろう」と考えます。

また最近1年間に1回ほど2、3日延滞した場合も、銀行の審査担当者にもよりますが「ちょっと不安だが、まあこの程度であれば大丈夫だろう」と考える審査担当者の方が多いと思います。

逆に現在は延滞していないものの、最近まで毎月のように延滞している場合は、「これからも延滞する可能性が高い」と考えられます。
このような場合は住宅ローンの利用をお断りすることになります。

最近まで延滞していて、今は利用がない、あるいは完済できるのであれば、住宅ローンの申込前に完済して、解約手続をしてください。
そして住宅ローンの申込をするときに銀行担当者に「最近まで延滞していた。
もう二度としないために解約した」と申告してください。
そうすれば「まあこの人は大丈夫だろう」と思う確率が高くなります。
銀行担当者が抱く印象もよくなります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%