住宅ローンを組む際のカードローンについて


2014年04月12日

ホーム住宅ローンとカードローン>住宅ローンを組む際のカードローンについて

質問
中古マンションを購入しようと思っています。
そのため住宅ローンを組むことを考えていますが、主人のカードローンのことが気になっています。
主人のカードローンの返済は滞ったことはないのですが、月々の返済額が非常に安く設定されているので、まだ30万近く残っています。
このことが、住宅ローンを組む際に何か関係してくるでしょうか?
住宅ローンの審査に悪影響を及ぼし落ちる可能性がある、なんてことになりはしないかと心配です。

回答
カードローンがある=住宅ローンが通らないということではありません。
あくまでもご主人の収入とカードローンと住宅ローンを含めた返済負担の関係です。
住宅ローンの審査基準の1つに返済比率と呼ばれるものがあります。
これは収入対比住宅ローンと他のローンを含めた返済額がどの程度の割合かというものです。
金融機関によってこの返済比率の基準は異なりますが、概ね30%~40%の範囲内に定められています。
ご主人の収入対比、住宅ローンとカードローンの返済額合計の割合、つまり返済比率が審査基準内に収まればカードローンを一括返済したりする必要はありません。
返済比率が基準オーバーとなれば、カードローンの一括返済さらには基準内に収まるように住宅ローンの金額を減額することの対応が必要になってきます。






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%