住宅ローンの審査に通りやすいカードローンの使い方

更新日:

住宅ローンは銀行の個人向け融資商品の中で最も審査が厳しいことはみなさんご存知のことと思います。
一方で日々の生活のなかで、一時的な出費などの備えにカードローンを保有されている人も多いと思います。

返済比率とは

住宅ローンの審査においてはいろいろな審査基準がありますが、審査基準の1つに返済比率というものがあります。
これは申込人の収入に対して、住宅ローンの返済額や他の借入の返済額の合計がどれくらいの比率になるかいうことです。
返済比率(収入比率とも呼ばれています)の基準は銀行によって異なりますが、おおむね25%~35%程度のところが多いと思います。

カードローンも返済比率に影響

この返済比率にカードローンの返済額も当然影響してきます。
返済比率が審査基準を超過していれば、借入希望額に届かなかったり(減額すれば住宅ローンの審査は通る)、そもそも住宅ローンの審査が通らないこともありえます。
したがって、住宅ローンの申込みに備えてカードローンを解約する人も多いはずです。
しかし住宅ローンの申込みに備えてカードローンを解約しても、住宅ローンの審査に通らなかったり、逆にカードローンを解約しなくても住宅ローンの審査に通る人などまちまちです。

カードローン利用状況が影響する

ところでカードローンを利用していて、住宅ローンの審査に通らない人と、住宅ローンの申込み額を減額すれば住宅ローンの審査に通る人の分かれ目は何だと思いますか?
返済比率以外の条件はまったく同じだとして、審査の分かれ目の1つとして普段のカードローンの利用状況が影響します。
カードローンを利用している人で多いパターンは、いつもカードローンの極度枠一杯まで借入している人がいます。
カードローンは毎月1回は定められた返済をする必要があります。
毎月1万円とか。
返済しているのにいつもカードローンの極度枠一杯まで利用している人は返済と同時にまた空枠を利用するパターンです。
ですからいつもカードローンの極度枠一杯まで利用残があるのです。
いつもカードローンの極度枠一杯まで利用している状況は住宅ローンの審査担当者は嫌います。
どうしてもお金に忙しいという印象を持ってしまうからです。

カードローンはそもそも一時的・突発的な資金需要に備えるものです。
毎日のように一時的・突発的なことが起こることはありえません。
お金に余裕が出来たら、少しでもカードローンの任意返済を心がけてください。
こういう利用状況は住宅ローンの審査担当者の印象を損なうことはありません。
返済比率の審査基準がありますから、希望額には届かないにしても、希望額を下げれば審査基準をクリアし、住宅ローンの利用が可能になるわけです。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-住宅ローンとカードローン
-, ,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.