銀行カードローンで会社の資金繰りすることについて


2014年05月13日

ホーム資金繰りの悩み事例>銀行カードローンで会社の資金繰りすることについて

質問
夫の父が社長で会社を経営しています。
夫は専務です。
会社の資金繰りは夫がやっているのですが、会社は資金繰りに四苦八苦しています。
夫は銀行ではもう貸してもらえないので、夫名義のカードローンで資金繰りをしようとしています。
他の会社もそうしているのでしょうか?

回答
会社の資金繰りを経営者個人の資金で賄っているところは少なからずあります。
個人の余裕資金が乏しいため、個人がカードローン等で資金を調達しそれを会社に貸し付ける方法です。
しかしこれはご質問にもあるとおり会社の資金繰りを維持する本来の方法ではありません。
会社の資金繰りは一般的に個人のケースと比べて、資金を大量に必要とします。
それを個人ですべて調達することには本来無理があります。
当然、個人の借入も多額となりがちです。
会社が銀行からの新規融資を受けることは難しいのであれば、例えば返済を緩和してもらうとかいろいろと方法はあります。
会社の資金繰りと個人とはきちんと分別することが正しいやり方です。






◆事業資金のご案内

ビジネスローン
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%