妻の旧姓名義の借金が夫の住宅ローン審査に影響するか?

ホーム住宅ローンと家族の借金>妻の旧姓名義の借金が夫の住宅ローン審査に影響するか?

夫が住宅ローンを申し込むにあたり、「結婚前に行った私の借金が影響して主人の住宅ローンが通らないかも・・・」と結婚前に作った借金を夫に言えず、心配されている妻の方は少なくないと思います。

心配する理由は妻が借金をしている情報が住宅ローンを申し込んだ銀行にわかり、それが原因で夫の住宅ローンの審査が通らないのでは、と不安になるからだと思います。
また夫には言っていない妻の借金が知れてしまい、夫婦関係にも影響することも心配されていると思います。

この際、夫にきちんと話される方が後々のことを考えてベターだとは思いますが、それは別としてここでは住宅ローンの審査に及ぼす影響に絞ってご案内しておきます。

まず妻が連帯保証人になったり、購入する物件を夫婦の共有名義としたり、あるいは収入合算しない限り、銀行が妻の信用情報を調べることはありません。

個人信用情報の取り扱いは銀行の現場では本当に厳格に運営されています。
個人信用情報を銀行が取得するにあたっては必ず本人に書面で同意を求めます。
同意なしにあるいは同意前に銀行が個人信用情報を取得することは絶対にありません。

購入する不動産はすべて夫の名義で、夫の収入だけで住宅ローンの申込みを行う場合、銀行が住宅ローンの審査において取得する個人信用情報は夫のみです。
「ついでに妻やその他家族の信用情報まで調べよう」とすることは絶対にしません。



ですからこのような場合は、銀行は妻の借金の事実を本人から申告しない限り知る機会はないのです。
あくまで夫の収入状況や夫の信用情報などをもとに住宅ローンの審査を行います。
妻の借金は夫の住宅ローン審査には何ら影響しません。

しかし住宅ローンの申込みにおいて夫の収入だけでは不足で、妻の収入を合算して住宅ローンの申込みを行ったり、購入する不動産を夫と妻の共有名義にするような場合、銀行は妻を連帯保証人として徴求します。

このような場合は銀行は夫だけでなく、妻の個人信用情報も調査をします。
個人信用情報を調査することで妻の借金の事実は当然ながら銀行の知るところとなります。
旧姓名義であっても個人信用情報には記載されてきますから、旧姓前の借金も銀行の知るところとなるのです。
こうなると妻の借金が原因で住宅ローンの審査が通らない可能性はあります。

個人信用情報の照会はあくまでも申し込み時点の姓名にて行います。
この際、姓名が変わっていても自動的に旧姓名義の信用情報は還元されてきません。
ただし旧姓名義の取引において、姓名が変わったことを借入先などに届けている場合には、その借入先から個人信用情報に改姓の情報が登録されます。
そうなると旧姓時代の情報も還元されるようになります。

また銀行から旧姓の照会を受けた場合には、旧姓名義でも信用情報の照会が行われる可能性があります。
そうなると姓名が変わったことを借入先などに届けていないとしても、旧姓時の情報が還元されることになります。

夫の収入だけで住宅ローンを申込み、かつ購入する不動産も夫の名義だけで、妻が連帯保証人とはならない場合は安心ですが、そうでない場合はやはり夫に一言謝罪をしておいた方がよいです。


◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。