カードローン審査での勤務継続年数

投稿日:

ホームカードローンの審査>カードローン審査での勤務継続年数

カードローンの審査に限ったことではありませんが、カードローンの審査においてその基本は安定的な収入があることです。
職場をコロコロと変えたりすると審査上では安定的な収入があるとはみなせません。
もっとも最近ではパートとかアルバイトでもカードローンが対象となっています。
ただしパートとかアルバイトでは安定的な収入があるとはみなされませんから、審査に通ったとしても最低限の限度額設定になることが多いです。
カードローンの金利は限度額が大きいほど低金利になる仕組みになっています。
限度額が大きいということは勤続年数、つまり安定収入の面で高評価であるということです。
限度額の大小や金利の高低は勤続年数が左右する要因となっています。
パートとかアルバイトであっても勤続年数は最低でも1年以上が審査基準になっているところが多いようです。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-カードローンの審査

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.