カードローン審査での勤務継続年数

ホームカードローンの審査>カードローン審査での勤務継続年数

カードローンの審査に限ったことではありませんが、カードローンの審査においてその基本は安定的な収入があることです。
職場をコロコロと変えたりすると審査上では安定的な収入があるとはみなせません。
もっとも最近ではパートとかアルバイトでもカードローンが対象となっています。
ただしパートとかアルバイトでは安定的な収入があるとはみなされませんから、審査に通ったとしても最低限の限度額設定になることが多いです。
カードローンの金利は限度額が大きいほど低金利になる仕組みになっています。
限度額が大きいということは勤続年数、つまり安定収入の面で高評価であるということです。
限度額の大小や金利の高低は勤続年数が左右する要因となっています。
パートとかアルバイトであっても勤続年数は最低でも1年以上が審査基準になっているところが多いようです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。