カードローン審査での勤務継続年数

ホームカードローンの審査>カードローン審査での勤務継続年数





カードローンの審査に限ったことではありませんが、カードローンの審査においてその基本は安定的な収入があることです。
職場をコロコロと変えたりすると審査上では安定的な収入があるとはみなせません。
もっとも最近ではパートとかアルバイトでもカードローンが対象となっています。
ただしパートとかアルバイトでは安定的な収入があるとはみなされませんから、審査に通ったとしても最低限の限度額設定になることが多いです。
カードローンの金利は限度額が大きいほど低金利になる仕組みになっています。
限度額が大きいということは勤続年数、つまり安定収入の面で高評価であるということです。
限度額の大小や金利の高低は勤続年数が左右する要因となっています。
パートとかアルバイトであっても勤続年数は最低でも1年以上が審査基準になっているところが多いようです。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達