個人ローン審査における職種・職業の優位度

ホーム個人ローンと勤務形態>個人ローン審査における職種・職業の優位度

個人ローン審査における職種・職業の優位度はずばり次のようになります。
高順位から、
公務員→上場企業勤務→大企業勤務→中小企業勤務→自営業→パート・アルバイト





なぜこのような順位になるかと言えば、それは収入の安定性です。
個人ローンの返済原資は給与等の収入です。
収入が不安定であればローンの返済が滞るリスクが高まります。
したがって個人ローンの審査においてその基本となるのは収入の安定度なのです。
公務員はもっとも収入が安定していると言えます。
勤務先が倒産することはありません。
勤務先が倒産しなければ収入が途絶えることはありません。
このような理由から個人ローンの審査における職種・職業の融資度は公務員→上場企業勤務→・・・といった順序になっているのです。

自営業が意外に低いと感じる方がいらっしゃるかもしれませんが、自営業の方は収入がどうしても不安定です。
どれだけ高額の収入を得ていても、例えば病気になったりとかすればサラリーマンのように各種補償が受けられることはありませんから、即収入の減少につながってしまいます。
収入の不安定であることが自営業向けのローン審査が渋い大きな要因なのです。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達