破産など金融事故者も連帯保証人をつければ住宅ローンが可能?



ホーム住宅ローンと自己破産>破産など金融事故者も連帯保証人をつければ住宅ローンが可能?

自己破産など金融事故を起こされた方でもしっかりとした連帯保証人をつければ、住宅ローンが利用できるかどうかですが、残念ながら無理です。
どれだけ資産家の連帯保証人がついてもです。

住宅ローンを含めて銀行融資の審査は借りる人、つまり債務者の返済能力を第一に審査します。
ここの審査が通らなければ、次のステップには進まないのです。
残念ながら金融事故を起こされた方はどうしても銀行融資審査の基本ポイントである返済能力に懸念を持たざるを得ません。

では自己破産など金融事故の経歴のある人は将来にわたり一切住宅ローンを含めたローンが利用できないのかといえば、決してそうではありません。
自己破産などの金融事故の情報は個人信用情報機関に登録されていますが、その登録期間には制限があります。
自己破産の場合は最長10年です。

したがって自己破産後10年が経過すれば、個人信用情報機関から情報が削除されますから、その状態で住宅ローンなどのローンやクレジットカードを申し込めば、金融事故者ではない扱いで審査が行われます。

なお例えば自己破産時にA銀行からのローン借入があった場合、A銀行内では個人信用情報機関とは別に自社内にて情報をデータベース化している可能性があります。
したがってたとえ個人信用情報機関から金融事故の情報が削除されてもA銀行内には金融事故の情報が残っていますから、ほぼ永遠にA銀行から新規のローン借入を行うことは無理だと考えられます。

個人信用情報から過去の金融事故の情報が削除された後、新たなローンを申し込む場合は、今まで借入したことがない銀行等を選択することが賢明です。


◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。